中学受験で学習塾の意義

中学受験を目指すかどうかのタイミングは少しずつはやくなりつつあります。
団塊ジュニアの世代は4年生もしくは5年生からでも目指す場合がありました。しかし、今は4年生、3年生から受験のための進学塾にかよう時代になりました。

それもこれもとくにかく覚えること、必要とされるテクニックが多くなってきたからに他なりません。
学習塾で多いパターンは5年生までに全てのカリキュラムを終わらせてしまい、6年生は中学受験で必要とされる経験、要するに模擬試験や志望校別のクラスに分けての訓練をつんでいくということになります。これだけ専門的なメニューを組んでこそ、中学受験合格につながるということを考えた場合、これを自宅学習、学校の授業だけでまかなえるかどうかはかなり厳しいものがあります。

子供の自主性だけではいかんともしがたいハードルがあり、親がフォローできるかといえばそれも難しいというのが現実です。
仮に受験社会で偏差値の高い大学に合格していようが中学受験ならではのテクニックやノウハウをもっている親はどれほどいるでしょうか。ましてやそれをわが子に自宅学習で伝えていけるとなれば、かなりの時間や精力を必要とすることになります。

こうした面をトータルで考えて学習塾での中学受験対策が良いのではないかと思います。